スプラッシュTODAY(ネイチャー)

スプラッシュネイチャーガイドから最新の見どころ情報、
フィールドリポートなどをお届けします!

ダイビングガイドによるSPLASH TODAYはこちらです。

 

2016年08月15日

忍び寄る白い影

160815-1.jpg160815-3.jpg
このところ、少しづつですが白化したサンゴが見られるようになってきました。
サンゴを棲家としているマンジュウイシモチやミスジリュウキュウスズメダイたちなどは自分のおうちが無くなってしまわないか、心配そうにしているようにも見えてしまいます。

今年前半期、世界中で異常気象をもたらした観測史上最強とも言われるエルニーニョ現象はパラオにもその影響を色濃く残していきました。
太平洋東部で海水温が上昇し、その反動でパラオ近海は水温が下がってしまいました。海水温の低下はうれしい晴れ間を運んでは来たものの、強い風と旱魃をもたらし、完全に水不足。ロックアイランドの木々は枯れ果て、ジェリーフィッシュレイクのクラゲたちが全滅すると言う、悲しい結果をもたらしました。

ところが、このエルニーニョと表裏一体で、次の年には決まってラニーニャ現象が起こるものなのです。

ラニーニャ現象はエルニーニョ現象とは逆に、太平洋東岸の水温が下がります。その影響で、パラオ近海では海水温が上昇します。海水温の極端な上昇はサンゴの白化をもたらすことが多くなります。

サンゴは体内に共生する褐虫藻による光合成生成物が生きるためのエネルギー源となりますが、水温が上昇しすぎるとこの褐虫藻がサンゴから逃げ出し、エネルギーの確保が出来なくなり死んでしまいます。サンゴ表面を覆う共肉の部分にこの褐虫藻は住み着いていますので、いなくなってしまうと白い骨格の部分が透けて見えるようになるので、サンゴが真っ白に見えるようになります。
これがサンゴの白化現象といわれるものです。

ラニーニャにより海水温の上昇する海域は太平洋のサンゴ密集地と重なるため、ラニーニャの年にはサンゴが白化することが多く、最近では2010年にこの白化現象が見られました。
そして、今年のエルニーニョは観測史上最大と言われる強さ。その反動でラニーニャも強い影響を及ぼすことが考えられます。
このラニーニャによるサンゴ白化で最大のものは、過去最強といわれた1997年のエルニーニョの次の年の1998年の終わりから1999年の頭にかけて世界規模で起こっています。
そのときにはパラオも大きく影響を受け、パラオの60%近いサンゴが死滅したとも言われています。

1997年のエルニーニョを上回ると言われる2016年のエルニーニョ。その影響がそのまま今年後半から始まるラニーニャに受け継がれるとしたら・・・。
海洋開発機構の予測システムでは、今年の冬にはラニーニャが発生すると考えられています。
強いエルニーニョの影響で今年は台風の発生が遅れ、7月に入ってからようやく一号が発生し(これも1997年の再来)、その後順調に台風が出来て、このところは曇りや雨の日が続いて陸上は肌寒いことが多いのですが、水温はちょっと高くなっています。(ここ一ヶ月ほどは表層で31~32℃)
晴れてもいないのに、この水温はちょっと良くない予感がします。

と思っていたら、シュノーケリングポイントのところどころで白いサンゴが目立つようになって来ました。
サンゴの大規模白化の影がじわじわと忍び寄ってきているのでしょうか・・・。
自然のサイクルですのでラニーニャで海水温が上がるのはどうしようもないのですが、これ以上の水温上昇が起こらないこと、そしてサンゴの白化が大規模に至らないことを願うばかりです。

もともとダメージを受けやすいサンゴ。必要以上の負荷をかけないように、シュノーケリングの時には気をつけていきたいですね。



上杉 誠
posted by ネイチャーガイド at 17:18 | ネイチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月12日

季節の来訪者

160812-1.jpg160812-2.jpg
なんだかかなりの間スプラッシュトゥデイの更新を忘れていました…。
体を壊していたわけではありませんので、ご安心を。

前回のはなしの時にはまだいた渡り鳥たちが、いつのまにやらまた戻ってくる季節になってしまっていました。季節の移り変わりは早いなぁ。

そんなわけで、最近渡り鳥の姿をいろいろ見かけるようになってきました。
エルニーニョの影響が強かった今年の初めは、渡り鳥が帰っていく時期も少し早く、五月の頭にはほとんど見られなくなっていました。

そして、パラオに戻ってきたのも少し早く、07/02にはガラスマオの港で今年初めてのムナグロを確認しました。その後、07/19にはツバメの来訪、先日08/09にはオオメダイチドリとトウネンの混成群れも見ることができました。その他にもキョウジョシギ、アマサギなどレギュラーもも続々やってきています。
もう少しすれば、PPRに居付くムナグロも現れることでしょう。

夏の訪れを告げる、シベリアからやってくる渡り鳥たち。
穏やかな雨季の今年は早くからリゾートに来てしまったのかもしれませんね。



上杉 誠
posted by ネイチャーガイド at 14:59 | ネイチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月07日

ネイチャーツアー一時休業のお知らせ【再告知】

160211.jpg
以前にもお知らせしておりますが、担当ガイド不在につき、下記日程でのネイチャーツアーをお休みさせていただきます。

日程:2016年05月13日より06月06日

この期間中はネイチャーカヤックツアーならびにランドツアー、歴史探訪ツアーが開催できません。

06/07より、通常通りツアーは開催できますので、何卒よろしくお願いいたします。

ご迷惑をお掛けしてしまい大変申し訳ございませんが、ご理解のほどよろしくお願いいたます。




スプラッシュネイチャーセンター
               上杉 誠
posted by ネイチャーガイド at 13:48 | ネイチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする