スプラッシュTODAY(ネイチャー)

スプラッシュネイチャーガイドから最新の見どころ情報、
フィールドリポートなどをお届けします!

ダイビングガイドによるSPLASH TODAYはこちらです。

 

2017年05月26日

パラオの蜻蛉(003) コモンヒメハネビロトンボ Tramea transmarina euryale

170526.JPG
コモンヒメハネビロトンボはパラオの止水淡水域で見られる中型のトンボです。

胴体の赤いいわゆる赤とんぼですが、鼻先から尾の先まで全てが赤いのが特徴です。
また、翅のほとんどは透明ですが、後翅の基部のみが赤くなっているのも特徴です。

非常に良く似たナンヨウヒメハネビロトンボがいますが、こちらは翅の基部の赤い部分がより広いとされています。飛んでいるときに赤い部分が目立つのが、ナンヨウだと思われますが、まだ確認は取れていません。

というのも、どちらのヒメハネビロトンボもなかなかとまってくれないのです・・・。
非常に縄張り意識が強いようで、自分のテリトリー内に赤とんぼの類が入ってくると、すぐさま追い払う行動を示します。そのため、忙しくテリトリー内(直径10mほど)を飛び回り休む暇も無いほどなのです。
しかも飛ぶ速度が速く、ホバリングもほとんどしないので、写真に収めたり、観察するチャンスが非常に少ないのです。

淡水域の少ないパラオの中で縄張り意識も強いので、然程多くは見られませんが、淡水域に行けば必ず見られるトンボでもあります。
孤独を愛する一匹狼タイプなのかもしれませんね。

Dragonfly of Palau 003



上杉 誠
Makoto UESUGI


posted by ネイチャーガイド at 10:06 | ネイチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。