スプラッシュTODAY(ネイチャー)

スプラッシュネイチャーガイドから最新の見どころ情報、
フィールドリポートなどをお届けします!

ダイビングガイドによるSPLASH TODAYはこちらです。

 

2017年05月27日

パラオの蜻蛉(004) ウミアカトンボ Macrodiplax cora

170527.JPG
ウミアカトンボはその名の通り、海沿いで良く見られる赤とんぼの仲間です。
海沿いに多い種類ではありますが、内陸の淡水域で見られる場合もあります。

中型のトンボですが、やや小さめで、鼻先から尾の先まで全てが赤いのが特徴です。
尾部の背面には黒い模様が入るものもいます。
翅は全て透明です。

飛ぶ速度は割りと速めで、縄張りを円を描くように周回します。
縄張りの中にある休憩場所は決まっているようで、とまるときはほぼ同じ場所にとまりますが、なかなかとまらないので、これまた写真には収め辛い種類です。

目視ではなかなか確認できないことが多いため、分布域はいまいち把握できていませんが、主にバベルダオブの海沿いからニッコーベイ辺りまでがパラオでの生息域になると思われます。

海でトンボ?と言う気もしますが、生き辛い海水域にも進出しているトンボにたくましさを感じます。

Dragonfly of Palau 004



上杉 誠
Makoto UESUGI


posted by ネイチャーガイド at 08:46 | ネイチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。