スプラッシュTODAY(ネイチャー)

スプラッシュネイチャーガイドから最新の見どころ情報、
フィールドリポートなどをお届けします!

ダイビングガイドによるSPLASH TODAYはこちらです。

 

2017年05月30日

パラオの蜻蛉(005) スキバチョウトンボ Rhyothmis phyllis vitellina

170530.JPG
スキバチョウトンボはパラオの水辺で普通に見られる中型のトンボです。
止水域でも流水域でも見られますが、あまり山のほうへは進出しません。

目は赤茶、胸は茶色、腹部は黒、翅は透明と地味な感じですが、後翅の根元に黒と黄の縞模様が入るのが特徴です。
特に虎ファンな訳ではないのですが、この模様を見るとちょっと嬉しくなってしまうのは何故なんでしょう。
翅が基本的に全部透明な無紋型と斑紋の入る斑紋型の二種類が見られます。
写真の個体は斑紋型ですね。
どちらかと言うと無紋型のほうが多く見られます。

盛んに飛び回り、あまりとまらないので、観察や撮影の難しい種類ですが、辛抱強く待っていればその内とまってくれます。
でも、結構敏感なので、そ〜っと近寄らないとすぐに逃げてしまいます。
日本のトンボみたいにくるくる指を回しても目を回してくれたら、ありがたいんですけどね(笑)

Dragonfly of Palau 005



上杉 誠
Makoto UESUGI


posted by ネイチャーガイド at 09:49 | ネイチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。