スプラッシュTODAY(ネイチャー)

スプラッシュネイチャーガイドから最新の見どころ情報、
フィールドリポートなどをお届けします!

ダイビングガイドによるSPLASH TODAYはこちらです。

 

2017年05月31日

パラオの蜻蛉(006) ミナミトンボ属の一種 Hemicordulia lulico

170531.JPG
Hemicordulia lulicoはパラオの水辺で普通に見られる中型のトンボです。止水流水問わず見られ、水辺から少し離れた森の中で見られることもあります。

緑がかる黄色っぽい体に黒い縞模様が特徴的です。特に胸部背面前部が緑がかり、目の色も緑。腹部は全体的に黄色で、各節が黒くなり、第7、8節は黒くなります。翅は透明で斑紋は無し。雌雄による形態の差は特に見られません。

水辺であればどこにでも出現しますが数は多くありません。狭い範囲を飛び回り縄張りとし、進入してくる同種を追い払う仕草を見せますが、縄張り意識は然程強くは無いように思えます。
一定時間飛ぶと疲れるのか枝などに止まって休むことが多いので、観察は比較的しやすい種類です。

本種は日本産のミナミトンボを一回り小さくしたトンボであるとされ、ミクロネシア特産種とされています。
パラオの中型のトンボでは数少ない赤くないトンボなので、一目でわかりますね。

Dragonfly of Palau 006



上杉 誠
Makoto UESUGI


posted by ネイチャーガイド at 10:36 | ネイチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。