スプラッシュTODAY(ネイチャー)

スプラッシュネイチャーガイドから最新の見どころ情報、
フィールドリポートなどをお届けします!

ダイビングガイドによるSPLASH TODAYはこちらです。

 

2017年05月13日

パラオの蝶(018) Eurema blanda タイワンシロチョウ

170513.JPG
タイワンシロチョウはパラオに分布する中型のチョウの仲間です。
森林外縁や市街地で見られますが、例によってなかなかとまってくれずパッと見での判別が付きづらいので、正確な分布ははっきりしません。

パラオで見られるシロチョウの仲間はいずれも翅が白や黄色が入るものばかりで似たり寄ったりのため、飛んでいる段階では判別できないものが多く、さらにはとまっていたとしても判別しずらいのが困ったものです。
正直、じっくり見る機会も多くは無いので、同定には自信がありません(笑)
とは言え、しっかりと写真に収めることができたこの個体は、真っ白な羽とくっきりと黒い縁取りがあり、前翅はギザギザの縁取りになっていることから、タイワンシロチョウのメスではないかと思います。

一見モンシロチョウにも見えるこの仲間には実は沢山の種類が居ます。
日本でも良く見ると実はモンシロチョウじゃないことが多いので、生物の多様さを知るきっかけになってくれる仲間です。
日常の中でちょっとした観察をすることで、身近な生態系の多様性を感じてみるのも楽しいですよ〜。

Butterfly of PALAU 018



上杉 誠
posted by ネイチャーガイド at 14:45 | ネイチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

パラオの蝶(017) Catopsilia pomana ウスキシロチョウ

170507-1.JPG170507-2.JPG
ウスキシロチョウはパラオでは一般的な中型のチョウです。森林外縁や市街地などの開けた場所でよく見られます。

パラオには8種類のシロチョウ科の仲間が分布するとされますが、いずれも盛んに飛び回り、吸蜜したり止まったりする機会が非常に少なく、捕獲による確認以外にはなかなか種の識別が難しいものが多いのが難点です。

その中でも全く特徴が無い事が特徴となるのがウスキシロチョウ。
吸水しているときが僅かに確認できるチャンスですが、翅裏が一様に薄黄色からクリーム色で目立つ斑紋や模様は一切無いのが特徴です。
ウスキシロチョウは銀紋型と無紋型があり、翅の裏面に白い明瞭な一斑紋のあるなしで分けられます。
パラオにおいての分布状況は不明ですが、今のところ観察できているのは無紋型のみとなります。
翅の模様によって雌雄の区別が出来ますが、前翅前縁にある黒い模様の範囲が広いのがメス、僅かに縁取り程度なのがオスとなります。
この模様は翅裏にもうっすらと透けて見えますので、翅を閉じていてもじっくりと見る機会があればわかります。
と言う訳で、写真の一枚目がオス、二枚目がメスということになりますね。

何しろ飛び回ってばかりでとまってくれないので、確認が難しいですが、たま〜にとまってくれて、写真が撮れた時の嬉しさは、格別になります。
採集や標本集めも楽しいものですが、写蝶を言う楽しさもまた良いものですよ〜。

Butterfly of PALAU 017



上杉 誠
Makoto UESUGI
posted by ネイチャーガイド at 09:52 | ネイチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月06日

パラオの蝶(016) Euchrysopscnejus cnidus オジロシジミ

170506.JPG
オジロシジミはパラオで見られる小型のチョウで、数は少ないですが生息域がある程度決まっているようで、一度見つけるとしばらくは同じ場所で観察することが出来ます。

パラオで見られるシジミチョウの中でも特徴的な種で、翅裏の模様が非常にあっさりとしていて白っぽく見えるのが特徴となります。
また、オレンジに囲まれた二つの黒斑が目立ちます。
後翅の尾状突起は短めですが全体的に白く目立ち、本種の名前の由来ともなっています。
また、触角の先端が下に曲がることも大きな特徴です。

と、特徴がいろいろあるので、飛んでいるときから他の種類とは違うな、とわかるのですが、なんせ数が居ないのでなかなかお目にかかれません。
しかも警戒心も強いので、なかなか近寄らせて貰えず、写真も撮り辛いのが残念なところです。
以前は割合通いやすい場所でよく見られていたのですが、その場所は工事の手が入ってしまい、周りの森も伐採されてしまったので、たぶん居なくなってしまったと思われます。

私の身の回りの観察ポイントには、貴重な生物が確実に見ることのできる良い場所がいくつかあったのですが、工事の手が入り観察の出来なくなってしまった場所もあります。
観光地なので、開発はしょうがないことではあるのですが、開発事業者の人たちにも、足元にも貴重な自然があることにも注目して開発できる余裕があるといいのですが・・・
小さな生物達は、そんな大切なことを気付かせてくれることもあります。

Butterfly of PALAU 016



上杉 誠
Makoto UESUGI
posted by ネイチャーガイド at 10:37 | ネイチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする