スプラッシュTODAY(ネイチャー)

スプラッシュネイチャーガイドから最新の見どころ情報、
フィールドリポートなどをお届けします!

ダイビングガイドによるSPLASH TODAYはこちらです。

 

2017年05月06日

パラオの蝶(016) Euchrysopscnejus cnidus オジロシジミ

170506.JPG
オジロシジミはパラオで見られる小型のチョウで、数は少ないですが生息域がある程度決まっているようで、一度見つけるとしばらくは同じ場所で観察することが出来ます。

パラオで見られるシジミチョウの中でも特徴的な種で、翅裏の模様が非常にあっさりとしていて白っぽく見えるのが特徴となります。
また、オレンジに囲まれた二つの黒斑が目立ちます。
後翅の尾状突起は短めですが全体的に白く目立ち、本種の名前の由来ともなっています。
また、触角の先端が下に曲がることも大きな特徴です。

と、特徴がいろいろあるので、飛んでいるときから他の種類とは違うな、とわかるのですが、なんせ数が居ないのでなかなかお目にかかれません。
しかも警戒心も強いので、なかなか近寄らせて貰えず、写真も撮り辛いのが残念なところです。
以前は割合通いやすい場所でよく見られていたのですが、その場所は工事の手が入ってしまい、周りの森も伐採されてしまったので、たぶん居なくなってしまったと思われます。

私の身の回りの観察ポイントには、貴重な生物が確実に見ることのできる良い場所がいくつかあったのですが、工事の手が入り観察の出来なくなってしまった場所もあります。
観光地なので、開発はしょうがないことではあるのですが、開発事業者の人たちにも、足元にも貴重な自然があることにも注目して開発できる余裕があるといいのですが・・・
小さな生物達は、そんな大切なことを気付かせてくれることもあります。

Butterfly of PALAU 016



上杉 誠
Makoto UESUGI


posted by ネイチャーガイド at 10:37 | ネイチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月05日

パラオの蝶(015) Jamides bochus ルリウラナミシジミ

170505.JPG
ルリウラナミシジミはパラオの森林周辺から内部で見られる小型のチョウです。

その名に冠されるように、近似のウラナミシジミの仲間では翅表の色が最も瑠璃色に輝く種類です。
暗めの森の中、突然小さな青い光が横切るようなときはルリウラナミシジミです。他の種類の場合には、水色に見えることが多いです。

ただし、実際にこの翅の蒼い輝きをじっくりと目にする機会は多くはありません。
パラオのシジミチョウの多くはなかなか翅を開いてくれませんが、本種も例に違わずなかなか翅を開きません。いつかお目にかかりたいのですが、数が少なめなので、そもそもそれほど出会う機会も無いのです。

飛ぶ姿を見つけたら、しばらく観察していると木の葉の上などにとまるので、そのときが観察のチャンス。
よくいるアマミウラナミシジミと良く似ますが、前翅裏の模様がアマミウラナミシジミに比べるとあっさりとしていて、基部に近い部分の波模様が無いのが特徴です。
また、後羽の縁にある黒斑の小さいほうがはっきりしてなくて、ほとんど崩れているのも見分けるポイントです。

風のような蒼い閃光。
パラオの森で見られる美しいチョウの放つ光です。

Butterfly of PALAU 015



上杉 誠
Makoto UESUGI
posted by ネイチャーガイド at 16:12 | ネイチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

パラオの蝶(014) Nacaduba kurava アマミウラナミシジミ

170501-1.JPG170501-2.JPG
アマミウラナミシジミはパラオの森林周辺から内部で見られる最も一般的なシジミチョウの仲間で、数も多く観察のしやすい種類です。

シジミチョウの仲間はパラオに多く存在し、形態も良く似たものが多いのですが、翅裏の波模様が多くはっきり(白い筋が明瞭)していること、前翅基部にも波模様があること、大きめの黒斑が一つと不明瞭な小さな黒班がひとつあり、大きめの黒斑の周囲のオレンジが不明瞭であること、一部に青い光沢が見られことで区別できます。また、後翅後縁の突起が伸びるのも特徴的です。
雌雄の区別も比較的容易で、オスは翅表面が全体的に黒く、基部には白い大きな斑紋があります。翅の裏面は全体的に白っぽく見えます。反してメスの翅表面は一様にくすんだ青で、裏面はやや茶色がかって見えます。

行動も特有のものがあり、アマミウラナミシジミのオスはテリトリーを持ち、小高い場所でじっと止まって見張る行動をすることが知られています。

森の中で本種を見つけた場合には、しばらく待っているとオスは必ず近くの見張り場所に止まりますので、そのときが撮影のチャンス。
一端落ち着いてしまえば最短距離まで近寄っても逃げないこともしばしばで、観察と撮影のしやすい種類とも言えます。

PPRの裏山にはいっぱい居ますので、いつでも見られますよ〜。

Butterfly of PALAU 014



上杉 誠
Makoto UESUGI
posted by ネイチャーガイド at 09:56 | ネイチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。